ここ数年概してどの自動車保険の会社も料金釣り上げに転じつつあります。保険が保険料を値上げしてしまうなどということは直ちに国民の生計にとても甚大な衝撃を与えると言わざるを得ません。しかし、どういうわけで保険が値段引き上げという現象に見舞われていると考えられるでしょうか。そのことの主要な原因としてよく言われることには大きく捉えて2つあります。まず最初にお年寄りの乗用車所持者がどんどん増加していることです。マイカーを持っているのがごく当たり前の社会になった故、お年寄りの運転手も増加している傾向にあります。また日本は超高齢化社会に移行しつつあるといった時勢があって、更に高齢者の自動車持ちが数を増やす時勢となっています。老年期のであるならば普通は保険の掛け金が低く設定されているゆえ、保険会社にとっては、そこまで積極的に勧誘する理由があるとは言えません。当然ですが、月々の掛金が手ごろなのにトラブルを起こされてしまった場合割高な補償費用を被保険者に支払わなければならないためです。そうすると、損になるリスクが高くなるので会社は月々の掛金を高く設定する他ありません。そして、2つ目の原因は、若年者の自動車所有への興味のなさにこそ求められます。老齢のドライバーは増えているのですがそれとは裏腹に若年世代は車というものに憧れなくなりつつあるのが現状なのです。そのような原因には何があるかと言いますと、バスなどの移動に関するインフラの発展と金銭的なことなのです。収入に不安のない職場に就くことが叶わない若年層が多数存在することから入手するなど考えられないという人も相当数いると考えられます。さらに、以前であれば自動車を保有している事がサラリーマンの嗜みでしたが今は乗用車の所有がステータスだとは言えなくなってきたのが現状でしょう。ですから保険の掛け金がお年寄りと比較して高額な若年者の契約が少なくなっているのだと思われます。このような事情が積み重なって、損害保険会社も保険料引き上げに及んでいると言えるでしょう。